お店からのお知らせ

ホーム

メインメニュー

おいしいお茶ができるまで

   
 おいしいお茶ができるまで
 荒茶・製造工程仕上茶・製造工程
 @摘採・搬入Iふるい分け
 静岡県内のお茶は、4月中・下旬から5月頃 お茶の生産が始まります。お茶の葉は、手摘み、茶摘み機などで摘みとられ荒茶工場へ新鮮なうちに運びます。荒茶は、形や大小さまざまな状態で混ざりあっているので、ふるい分け、切断をして形を整えきれいにします。
 
 
 
 A蒸しJ仕上茶乾燥(火入)
 集められた茶の葉を自動的に蒸し機へおくり 茶の葉を蒸気で蒸します。茶をさらによく乾燥させるのと同時に、独特の香りや味をひきだします。
 
 B冷却K選別(せんべつ)
 蒸された茶の葉の表面の水分をとりのぞきながら冷やします。火入れさせたお茶から茎、粉などを選別します。
 
 C葉打ちL合組(ごうぐみ)
 葉振いをして水分を蒸発させます。製品の調整・配合と均一化をはかり、仕上がったお茶を仕上茶と呼びます。
 
 D粗揉(そじゅう)包装から店先まで
 強い力で揉みながら熱風で乾かします。
 E揉捻(じゅうねん)M包装
 茶の葉に力を加えて水分の均一をはかりながら揉みます。仕上茶は取りだされて計量され茶箱や袋に詰めます。
 
 F中揉(ちゅうじゅう)N出荷
 茶の葉をふたたび揉みながら熱風で乾かします。産地の問屋さんなどから全国各地のお茶屋さんに出荷します。
 
 G精揉(せいじゅう)Oお茶屋さん
 茶の葉に熱と力を加え、形を整えながら乾かします。お茶は袋や缶に詰められて売られます。
 
 H乾燥 
 揉みあげた茶を充分に乾かします。このお茶を荒茶と言います。 
  
   

 

検索フォーム

※キーワードを入れてください。
※機種依存文字は入力できません。
商品詳細検索へ

 

0点の商品が、
ショッピングカートに入っています。

カートを見る 会計
20179
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 今日    定休日    イベント